トロは兵庫県

西宮市苦楽園にある
イタリア料理店です

仲間と美味しい料理を囲みながらおしゃべりを楽しんだり、仕事の帰りにひとりでワインだけ飲みに立ち寄ったり。 イタリアの街角ではそんな光景をよく目にします。イタリアの人々にとってレストランが生活の一部であるように、トロもこの地で、普段気軽な気持ちで来ていただけるような、愛される店でありたいと思っています。 厳選素材を使った料理達とおすすめのワインをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 
 

場所とか

〒662-0024
兵庫県西宮市名次町11-15 

Tel. 0798-70-8848

Lunch 11:30-15:00
(L.O.14:30)
Dinner 17:30-22:00
(L.O.21:30)
月曜定休
(祝日の場合翌日休み)

専用駐車場2台アリ
>Map

その他

カウンター7、テーブル14席
クレジットカード使用不可

 

2010.04.13(火曜日)

ポンペイに行った時のことです


ポンペイ遺跡

ウバルドくんの実家ソレントに行った時のことです。

ヴェスヴィオ鉄道がソレントからポンペイ遺跡まで通ってて、

観光客はそれでポンペイまで行きます。

山の中のトンネルを越えて約40分ポンペイに到着です。

何の情報も仕入れてなかったので入場券と引き換えにもらったパンフレット

を頼りに遺跡探検へGO !!

暑すぎてなのかお昼時だからなのか観光客はまばらで、

ちょっと寂しい感じ。

パン屋の跡地や民家が結構そのまま残っていてビックリです。

聞くと火山灰が完全に街を覆い尽くしたので

それがこのきれいな保存状態を作り出したらしいです。

しかしながら約2000年前の生活とは思えないほどの

文明の発達感がありました。

水道も通っていたらしくそしてその水道管は今でも使えるそうです。(ホンマかいな)

家の玄関口のモザイク画など結構こってて面白ーい。

途中、日本人観光客の人々がいててガイドの人が色々説明してて

よくわかるので聴き続けていると 「関係ない人むこう行って!!」 ハイワカリマシタ・・・・・

そしてあの有名な人型の石膏の塊の登場です。

マグマが人々を飲み込んだ後、そのまま人間の形だけ残った人型の空間に

石膏を流し込んだものです。

めっちゃリアル 怖ッ!!  火山が噴火して一瞬のうちに街を飲み込んだそうです。





ヴェスビオ火山  われらが甲山に似てるようで似てないかも・・・



モザイク画






 

Comment
コメントする