トロは兵庫県

西宮市苦楽園にある
イタリア料理店です

仲間と美味しい料理を囲みながらおしゃべりを楽しんだり、仕事の帰りにひとりでワインだけ飲みに立ち寄ったり。 イタリアの街角ではそんな光景をよく目にします。イタリアの人々にとってレストランが生活の一部であるように、トロもこの地で、普段気軽な気持ちで来ていただけるような、愛される店でありたいと思っています。 厳選素材を使った料理達とおすすめのワインをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 
 

場所とか

〒662-0024
兵庫県西宮市名次町11-15 

Tel. 0798-70-8848

Lunch 11:30-15:00
(L.O.14:30)
Dinner 17:30-22:00
(L.O.21:30)
月曜定休
(祝日の場合翌日休み)

専用駐車場2台アリ
>Map

その他

カウンター7、テーブル14席
クレジットカード使用不可

 

2010.04.14(水曜日)

思い出のターラント


南イタリア旅行の続きでかかとのプーリアから

イタリアの土踏まずの位置にあるターラントという町に一泊しました。

何にもないから行かないほうがいいとイタリア人の友人に教えられましたが、

なんとなく行ってみました。

電車から降りて街までバスで10分ほどでチェントロ(中心街)につきました。

確かに何にもない街でした。

レストランに入ってランチをすることに。

新鮮な魚介料理を楽しみに来ましたが、明らかにコープに売ってそうな

冷凍の魚介類たちでした。  残念

ブラブラ街を歩いていると露店があって果物や魚が売ってました。

なかなか品ぞろえも鮮度もいいのになぜあのレストランはあんな食材だったのだろう?

ホテル(というかアパートみたいなぼろい宿場でも安かった!!)の

おばちゃんにあのレストランに入った話をすると地元でもまずくて

有名なレストランだったらしい・・・・はよゆーてんか

その夜のご飯はプーリア地方の郷土料理を食べさせてくれることで有名な

トラットリアをおばちゃんに紹介されて予約してさっそくGO!!


イタリアの果物や野菜は色がきれいだ  そして味が濃くてうまい



魚屋のおにーちゃんたち 真ん中の人のTシャツの漢字横向いてた・・・・・



海に面した旧市街地


夜飯のそのトラットリアはおばーちゃんとおばちゃんと2人でやってて

8人も座ればいっぱいな感じのちっちゃいトラットリアで、なかなかいい感じ!!

お任せスタイルで¥3000。

僕の体つきカラめっちゃ食べると思ったらしく明らかに他の人々の倍入ってるやん!!

前菜の時点で腹いっぱいになったけど

おいしくて珍しい(本で見て食べたいな〜と思ってた料理が次々と出てきた)料理

なので全部食べた。

南の料理らしい料理  オイル、くたくたに煮込んだ野菜、トマトでサッと

煮込んだようなセコンド。

体に染み込むわい!!

炭酸で割った赤ワインとそれらの料理の相性がかなり良かった。

暑い日にはシュワシュワ系に限ります。

ごちそー様でございました。

帰り道がわからないぐらいに酔っ払って

(酔っ払ってなくても当人はかなりの方向音痴)、近所のおっちゃんに

車で送ってもらいました。ええ人たちやなア〜

この街 気にいったで。


アメリカ海軍基地もある街ターラント

気にいっちゃったのでそのままもう一泊することに。

旧市街地を探索する。

もうすでにさびれまくってほぼ廃墟みたいな感じの街並みでした。

塩害なのか何なのか街のあちこちがボロボロにさびてて寂しー感じ。

真夏で暑かったけど海の近くで気持ちいい!!!

イヤーほんとにいい街でした。

旅立つのがかなり寂しかったです。

また来ようと思いました。

あのランチ食べたレストラン以外のところへ
 

Comment
コメントする