トロは兵庫県

西宮市苦楽園にある
イタリア料理店です

仲間と美味しい料理を囲みながらおしゃべりを楽しんだり、仕事の帰りにひとりでワインだけ飲みに立ち寄ったり。 イタリアの街角ではそんな光景をよく目にします。イタリアの人々にとってレストランが生活の一部であるように、トロもこの地で、普段気軽な気持ちで来ていただけるような、愛される店でありたいと思っています。 厳選素材を使った料理達とおすすめのワインをご用意して皆様のお越しをお待ちしています。

 
 

場所とか

〒662-0024
兵庫県西宮市名次町11-15 

Tel. 0798-70-8848

Lunch 11:30-15:00
(L.O.14:30)
Dinner 17:30-22:00
(L.O.21:30)
月曜定休
(祝日の場合翌日休み)

専用駐車場2台アリ
>Map

その他

カウンター7、テーブル14席
クレジットカード使用不可

 

2010.05.25(火曜日)

クチーナロマーナ(ローマ料理)


ローマ近郊の白ワインの町フラスカーティ―名物
ポルケッタ(仔豚の骨外して香草入れて表面の皮ジワジワ焼いたもの)

 
ポルケッタ専門のパニーノ屋さん
ドライトマトとポルケッタの相性がとってもよろしくてよ。


前記のロゼッタというお店には毎日ローマの近くの漁港から新鮮な魚が大量に

運ばれてきた。そして到着するとすぐにみんなで下処理してすぐにその日のうちに

お客さんの口に運ばれていた。魚の種類は豊富で日本にはいないような魚もあった。

スカンピ(手長エビ)は新鮮そのもので生きたまま運ばれてきてた。ホールにディスプレイ

されると手長エビくんたちは必死に逃げだすが、お客さんによってプチっと踏まれてた。

カワイソー。



ペルー人のジョバンニ君。

南米系の人たちはイタリアに出稼ぎに来てる。

自国より給料がいいらしい。もしくは一家でイタリアに移住してた南米系の人もいた。

ジョバンニは誰よりも早く魚をさばきます。

自分より重たいマグロもちっちゃい包丁でグイグイさばきます。

大トロの部位は脂っぽくてイタリア人には人気がありません。

時々大トロばっかし余るので捨てようとするので「捨てるならくれ!!」

とお願いすると「持ってけ!!」みたいな感じでおすそわけ。

家に帰ってイタリア米で硬めに米を炊き、砂糖とワインビネガーで作った

”酢飯”もどきを作って、大トロ丼よく食べました。醤油は貴重です。

ワサビもアジアンスーパーで買えます。高いです。こんなに大トロ食べたん人生で

ローマにいてた時だけです。いやー幸せやねえ。

後日持って帰って寿司にして食べてたことがマッシモ(オーナー)にばれて、

怒られるかと思いきや、カジュアルな感じの同系列店でメニューにしよう!!となり

なぜかイタリアで酢飯炊きまくってた時期もあったような。

その店にはいろんな人種が働いていた。アジア人は僕だけで、

ソマリアやユーゴスラビア、アルバニアの内戦から逃げてきた人やインド人やアラブ人

いろんな人がいた。みんな安っすい給料で働いていた。

当時、ヨーロッパはすしブーム(ヘルシーだから)でローマにもこぞって

寿司屋出店してました。中華料理屋で韓国人がすし握ってる状態でした。

そこで店で働いている異人さんたちに飯の作り方と酢飯の作り方を教えてあげました。

日本から箱すしの木型を送ってもらってみんなにあげました。

これでちょっとは給料良くなるでしょう と思って。

数年後ローマに帰った時、かれらはまだその店で寿司作ってました。

あの木型を使っていろんな寿司作ってました。

ラップ使ってゴマ敷いて裏巻きにしてカリフォルニアロールも

作っているではありませんか。

給料もほんの少し良くなったそうでよかったよかった。よかったねー。

でも生のサーモンの押し寿司はちょっと違うような気がしますよ・・・・
 

Comment
コメントする